toggle
2015-07-30

クラウドファンディングに挑戦して、改めて感じたこと。

こんにちは。
つい先ほど、このブログが【サーバーエラー。表示できません】となってしまい、1時間ほど表示できない状態になって焦った金谷です。無事復帰して良かったー。(サーバーの問題かと思ったら、ドメイン側の問題でした。)

さて、今年1月22日〜3月30日の期間に行った、Makuakeのクラウドファンディングプロジェクト「ペンケース革命!新機能【ペンスタンド+スマホスタンド】次世代ペンケースを広めたい」ですが、今月やっと全てのリターン(商品)を発送させて頂きました。
スタンドアップペンケース

*クラウドファンディングって何?

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(crowd)と資金調達(fundhing)を組み合わせた造語で、クリエイターや起業家が製品・サービスの開発、もしくはアイデアの実現などの「ある目的」のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ることをいいます。
出典:クラウドファンディングとは -基本的な知識とメリットについての解説-

改めまして、ご支援いただいた方をはじめ、様々な形で応援して頂いた皆様。本当にありがとうございました。
また、発送まで長らくお待ち頂きありがとうございました。皆様のおかげで無事に商品化を実現する事ができました。

スタンドアップペンケースとスタンドカードケース

リターンの発送が終了しましたので、これでクラウドファンディングのプロジェクトは終了した事になります。
そこで今日は、プロジェクトが終了して改めて感じたことを正直に書いてみたいと思います。

「またやりたい!」とは思っていません。

答えはno!
今回初めてクラウドファンディングに挑戦したわけですが、

今のところ、また挑戦したとは思いません。

これが僕の正直な気持ちです。

もちろん、プロジェクトを行ったこと自体を後悔している訳ではありません。むしろその逆で「やって良かった」と思っています。ではなぜ、「またやりたい!」とはならないのか。

一番の原因は、SNS等で昔からの友人や仕事でお世話になっている方、知り合って間もない方などにご支援をお願いする事に対する抵抗が抜けなかったからです。
そのような事に抵抗がなければ「また挑戦しよう」と考えたはずですが、僕はそうではありませんでした。クラウドファンディングは、簡単に言えば”お金を集める”事を目的にしているので、どこかで気が引けるような感情があったのだと思います。(別に”お金は汚いものだ!”みたいな考え方は全くないのですが。)

それから、今回は僕一人(個人)でプロジェクトを行ったのでそれをより感じてしまったのかもしれません。もし数名のチーム(仲間)でプロジェクトを行ったのであれば、また違った気持ちになる可能性もありました。それからプロジェクトの内容によっても感想は変わってくると思います。

このように書くとマイナスなイメージになってしまうかもしれませんが、クラウドファンデングに挑戦して良かったと思うことは沢山ありました。まず、多くの方々に応援(ご支援)頂き、商品化を実現したという経験は貴重な体験でしたし、目標を達成した時は感謝の持ちでいっぱいになり、感動しました。まだ知り合ったばかりの人がSNSでプロジェクトをシェアしてくれたり、昔からの友人が支援してくれたりと、感情が揺さぶられる2ヶ月間でした。
そして、商品化する前に様々なご意見(反応)が知れた事も大きかったですし、何よりリスク0(ゼロ)で商品を生産できたのは、クラウドファンディングならではのメリットだと思います。

ですので、全く後悔はしていませんし、挑戦して本当に良かったと思っています。しかし、「また(一人で)挑戦したい?」と聞かれれば、「NO」かなと。

「Makuake/マクアケ」を選んだ理由と感想

makuake 感想

現在クラウドファンディングのサービスを行う会社は国内だけでも沢山あり、どこを使うかは重要なポイントになると思います。今回利用した「Makuake(マクアケ)」は、アメーバブログなどで有名なサイバーエージェントの子会社(?)が運営してるサービスなのですが、ここを選んだのは正解だったと思います。他のサービスは使った事がないので比べられませんし、プロジェクトが成功したので「そりゃ正解だろ」と言えばそれまでなのですが。。

まずMakuakeを選んだ理由ですが、たまたま参加したクラウドファンディングのセミナー(大阪市主催)に、パネラーとして来ていたのがMakuakeの取締役で、その説明を聞いて「いいかも!」と思ったのがきっかけです。
上にも書いた通り、サイバーエージェントの関連会社なので「アメーバブログ」のトピック欄や様々なニュースサイトに掲載される可能性が高いということ。そして専属の担当者が一人付き(その時の説明では「恐らく業界で一番多くの人数をかけてサポートしている」と言っていました)、アドバイスをもらいながらプロジェクトを共に進めていけること。それから、プロジェクト終了後に商品を取り扱ってもらえそうな量販店の担当者を紹介することもある(!)というのが理由です。
アメーバトピック掲載
振り返ってみると、実際にアメーバトピックに掲載(上記画像)されたり、様々なニュースサイト(下記に一部紹介)にプロジェクトが紹介されました。担当者さんも僕の要望に色々と応えて頂き、目標達成に向けて動いてもらえたので満足しています。
ただ、最後の”プロジェクト終了後に量販店の担当者を紹介する”の部分は、現在のところ実現していません。(これはアイテムにもよるんだと思います。)

<プロジェクト掲載メディア>

roomie(ルーミー)週刊アスキーtechjoYahoo beautyexciteツイナビ、など。

*アメーバトピックや各種ニュースサイトへの掲載が約束されているわけではありません。ある一定の基準を満たしたプロジェクトのみ、Makuakeからプロジェクトに関連するWebサイトにリリースを送ってくれます。それを取り上げるかどうかは各サイトの判断になります。(もちろんMakuakeだけに頼らず、プロジェクト実行者からも関連メディアにリリースを送った方が、取り上げてもらえる確率は上がります。)

クラウドファンディングに挑戦したいと思っている人へ

マクアケキャプチャー
僕のたった一度だけの経験ですが、書いてみます。

まず、「やってみなければ分からない!」これはプロジェクトを始める際にMakuakeの担当者から言われた言葉です。上手くいくと思ったプロジェクトが思ったよりダメだったり、どうかな?と思うような商品が目標を大きく超えて成功したりと、「幕が開けてみなければ分からないんです!」(担当者さんの言葉のまま)なんです。本当に。

そして僕なりに考えてみた、”成功する為のポイント”は以下の通りです。

メディア受けしやすいプロジェクト内容

当たり前のことなので、あえて言う必要がないかもしれませんが、、何よりも重要なのはプロジェクトの内容です。
多くの人が「これは新しい!斬新!」「便利そう!」「使ってみたい!」「行ってみたい!」「参加したい!」「応援したい!」と思えるような、共感されるプロジェクトを意識してみてください。

プロジェクトページの構成&写真&タイトル

これも当たり前ですね。成功しているプロジェクトを参考に、出来るだけ作り込んだ方が良いでしょう。
僕の場合、ページの構成は人気のWebショップを運営しているプロに相談し、写真は自分で撮影(ボツ写真も含めて全部で約100枚以上は撮ったと思います)、タイトルも10個以上考えて何人かに意見を聞きながら決定しました。

事前の根回し

Makuakeを利用する場合、必ず担当者から言われると思いますが、目標達成には絶対にスタートダッシュが必要となります。その為には、プロジェクトがスタートする前から知人に声をかけて支援の確約をもらったり、SNS等でシェアをお願いする事が必要になります。協力してもらえる人が多ければ多いほど、目標達成が現実的になります。

折れない心とラストスパート

長いプロジェクト期間中、どうしても支援が伸びない期間はあると思います。それでも諦めないで下さい。SNSで途中経過をシェアしたり、関連しそうなWebサイトにリリースを送ったり、一旦プロジェクトを忘れてみたり(現実逃避w ←半分本当)、何かしらアクションを続けてみて下さい。
ちなみに僕はホリエモンの有料メルマガを購読してたので、その中の質問欄でホリエモンにプロジェクトの評価を聞く事で、他の読者にプロジェクトを知ってもらうような事もしました。(効果は少しありました。)
そして終了日の2日前からラストスパートです。この間は支援が伸びる期間とされているので、最後の力を振り絞りプロジェクトを盛り上げましょう!

注意点

これは完全に僕のミスなのですが、リターンを送る際の送料を計算しておらず(基本的にプロジェクト実行者が負担すると思います)、ちょっと焦りました。今回僕の場合は、約300人に商品を発送したのですが、送料だけで軽く10万円越えました。また、当初の予定よりパッケージや梱包費にお金が掛かってしまった事もあり、196%の達成率にも関わらず、残った金額は微々たるものでした。
特にサイズの大きな商品の場合は、送料に気を付けた方が良いかと思います。(まぁ普通は気付きますかね。汗)

最後に

思ったより長くなってしまった今回の投稿。いかがでしたでしょうか?これからクラウドファンディングに挑戦しようとしている方のお役に少しでもなれたら幸いです。

終わりに、ご支援者様の中でリターン商品が届いた事をブログに書いて下さった方がいたので紹介させて頂きます。

STAND UP PENCASE grain どこでも活躍!携帯性に優れた立つペンケース[文具]/いずパパCafe

スタンドアップペンケースが届いた/自堕落イベンターライフ

スタンドアップペンケース/bitterz warehouse

クラウドファンディングで出資したペンケースが届いた。/TKライフリンケージ

第16回万年筆クリニック2015夏 2日目(ご支援者様のブログではないですが。)

*追記(2015.7.31)
最近の一軍ペンケース/コロメガネ
→素敵なイラスト付きで紹介して頂きました!

*追記(2015.8.1)
STAND UP PENCASE grain が遂に届きました。/naolog

*追記(2015.8.5)
【文具ネタ】自立し倒れにくいペンケース/物欲よこんにちわ

*追記(2015.8.20)
スタンドアップペンケースが届いたから使っている(STAND UP PENCASE)/気まぐれ手帳

どのブログでも写真と共に分かりやすくご紹介して頂きました。
ありがとうございました。

*もし上記以外にもスタンドアップペンケースをご紹介して頂いてるご支援者様のブログをご存知であればご連絡頂きたいです。追加させていただきます。

*ツイッターで写真等を投稿頂いた方もいらっしゃいます。grainの公式アカウントでは、それらを見つけ次第お礼の意味も込めてリツイートさせて頂いています。ご覧ください。

それではまた。

久しぶりにこんな長文書きました。。


関連記事