toggle
2015-07-30

STAND UP PENCASEのパッケージデザイン。

こんにちは。
今日の大阪の最高気温は36℃だったようです。
全国の天気予報を見ると、、今日はなんと札幌以外の全ての地域で那覇よりも気温が高い!異常気象が続いてますね。

さて、昨日感想を書いたクラウドファンディングで商品化を実現した「STAND UP PENCASE/スタンドアップペンケース」の”パッケージ“について、今日は書いてみようと思います。

実は僕、今までWebショップでの販売がメインでしたので、店頭に並べる為のパッケージを作った事がありませんでした。
(発送用の梱包資材や、ロゴが入っただけのシンプルな貼り箱は作っていましたが。)

ですので今回が初めてのパッケージ作りとなり、デザインを決めるのにかなり時間が掛かりました。
そこで、初めて(素人)なりに色々と考えた事をまとめます。

1、商品の特性が生きる形。

スタンドアップペンケースのパッケージデザイン
僕の中でパッケージとは、「中身(商品)をより良く見せ、手に取って頂いたお客様に、商品の特徴を分かりやすく説明するもの」という考えがありました。

そこでこのスタンドアップペンケースの一番の特徴は何か?と改めて考えると、やはり名前の通り「立つ(ペンスタンド機能)」だと思ったので、『パッケージを付けたままでもその機能(特殊な立たせ方)を試せるようなデザイン』にしようと決めました。そして、フックなどに吊るせるような穴もあった方が良いな、と考えると自ずと形は決まっていきました。
コピー用紙(裏紙)を使って大体の形を作り、実際に商品に取り付けてみては修正する、という作業を何度か繰り返し、最終的にその形を元にイラレ(Illustrator)で展開図を作り、細部の形を決めていきます。
最終的な展開図がこれ↓
パッケージの展開図
正面下部の先が三角(この部分↓)になっていますが、これにも意味があります。
先っちょの三角部分1
三角部分をフラップの先にあるポケットに差し込む事で、↓
先っちょの三角を差し込む
ペンスタンド状態
パッケージを付けたままでもペンスタンドの機能を試すことが出来るようにしました。

なるべく商品が汚れないようにパッケージで覆いたいので、通常時(閉じた状態)はフラップのほぼ全体を隠せながらも、ペンスタンド機能も試せるデザインに…。そんなことを考えていたら、この形に行き着きました。

今これを書いてて思ったのですが、こんな事(スタンド機能を試せること)は言わなければ、お客様や販売スタッフさんは気付かないなと…。日々勉強ですね。。

ちなみに、パッケージを付けたままペンスタンドの状態にすると、、
背面にロゴを入れた
こんな感じで背面にロゴが来るようにしてみました。これはちょっとした遊びです。果たしてどれだけの人に気付いてもらえるのか。^^;;

2、ブランドカラー「grainオレンジ」とコスト

オレンジ色が目立つパッケージ
grainのブランドカラーはオレンジ色なので、オレンジを全面に使うことは決めていました。店頭でも目立ちますしね。

コスト(予算)が限られていたので、オレンジ色のベースカラーに、文字は1色のみしか使えないという制限がありました。
グラフィックデザインは専門外なので、知人のグラフィックデザイナーに意見を聞いたりしながら、可能な限り見やすい・分かりやすい、そしてカッコいいデザインを意識しました。

デザインがほぼ決まったところで複数業者に見積もりを取り、価格が合いそうな会社さんで紙の素材を決めます。本当に予算が限られていたので、そこまで良質な紙は使えませんでしたが、ほぼイメージしたものになったと思います。

3、機能説明の付属タグとQRコード。

説明タグとQRコード
上にも書いた通り、予算の関係上本体のパッケージに写真を入れることが出来なかったので、本体の裏側は説明文で埋まっています。
これだけではお客様に商品の魅力を理解してもらえないと思い、別途説明タグ(写真左)を付けることにしました(タグは全面カラーでも比較的安く作れます)。この説明タグには写真をたくさん載せましたので、どんな機能のペンケースなのか、視覚的に分かりやすくなったと思います。

ただやはりそれでも文章と写真だけでは限界があります。
そこで、クラウドファンディングの際に制作した使い方のイメージ動画がありましたので、(動画のURLがリンクされた)QRコードも背面上部に付けました。

初めての経験には失敗が付きもの?

ということで、初めてのパッケージ作りはこのような感じでデザインを決めていきました。

このデザインが良かったのか、もしくは悪かったのかは、これからお客様に判断してもらうことなので、現時点では何とも言えません。
ただ、上にも書いた通り[こんな事まで気付く人いる?]というデザインではまだまだダメだと思います。予算も少しオーバーしてしまいましたし。(←これは本当にダメ。)

それから、今回は商品の色がブラック系とネイビー系だったので、全体がオレンジ色のパッケージでも問題ありませんでしたが、例えばレッド系やオレンジ系の商品にはこの配色では無理だろうな、とか。書いていると色々と反省点が出てきます。

もっと勉強して、次回パッケージを作る際はもっと良いものを作りたいなと思います。

ちなみに、パッケージのデザインに「クラウドファンディングで商品化しました」という文言を入れなかったのは、入れるとこが無かったと言えばそうですし、、、何となくです。w

今日は金曜日なのに、(誰も見ない)こんな時間の更新になってしまったのも反省です。

それではまた。


関連記事